 バディがCrayonでなければならない理由

 iPad miniを使うためにCrayonがある。よくLogicool CrayonはApple Pencilの代用品だと言われる。少しだけ安価である事は間違いない。が実際にはLogicool Crayonが頼りになるから使っているのだ。現在、私のCrayonはiPad miniの専任になっている。Apple Pencilの方はiPad(6世代)の坦当だ。Crayonを買った経緯はiPad miniを購入した時にペアリングの問題もあるのでそれぞれ専用にpencilを用意する事にしたからだった。同じpencilを揃えるよりもちょっと安いCrayonというのがあるからとそちらに決めた。iPad miniで絵を描く事もないだろうし筆圧感知も要らないからと納得して購入した。

結果的にはその決断は正解だった。また既に一本pencilがあったから決められたのだけれど、もし初めてのpencilならばApple pencilを勧める。

それでもCrayonが届いた時には失敗したと思った。幼稚な箱に入ったCrayonはデザインもカラーも安っぽかった。手にしてみると妙に短く軽かった。ペアリングが必要ないとあったので電源ボタンを長押しして早速試してみた。書けるし描ける。それでも平たいあの形状は丸いApple pencilと比べると違和感がある。買ってしまった事だし困ればApple pencilがあるのだからと思ったが使っていくうちに手に馴染み始めた。iPad miniではCrayonで絵を描く事はないので専ら手書きメモが中心でその他の細かいテキスト入力(mazec専門)やiPad自体の操作をする。メモの書き心地も簡単な挿し絵の描き心地も良い。0.7g軽いだけなのだが数字よりも軽く感じる。これには訳があってCrayonはクレヨンであってpencilではないと言う事だ。平べったい形状とApple pencilより12.7mm短いために持つ位置が自然に長めになる。そのために重心がCrayonの真ん中近くになるので軽く感じるのだ。逆にペン先に重心が集まるApple pencilは細かい描写に向いている。そしてこのCrayonの長さが良いのだ。出かける時も宅内の移動をするのにも邪魔にならずに小振りなiPad miniについて来る。この軽快さと少々ラフに扱っても転がらない形状のため付き合いやすい。私の iPad miniの使い方にはピッタリだしCrayonでなければならない理由だ。

Logicool Crayonのペン先は交換可能でApple pencilと同じものです。

*レイテンシはApple pencilとほぼ同じです。

*バッテリーの駆動時間は7時間です。

*現在はApple pencil対応の全iPadで使えます。

See you tomorrow!

 共有すると言う前提で手書きメモを考える

 手書きメモGoodNotes5をいつも使っている。乱筆であっても使える手書き文字検索が優れているので愛用している。個人的には読み慣れた自分の手書き文字でメモが残せる事に喜びさえ覚える。だがこの手で書かれた我儘な文章を他の人と共有するとなると、いささか抵抗を感じるしそのために丁寧に書くのに速度も遅くなる。GoodNotes5の共有方法は「PDF」・「GoodNotesの形式」・「画像として共有する」になる。PDFは読む事は出来るが編集は無理。Goodnotes形式は読み書き出来るがGoodnote4.5でしか使えない。画像は見るだけなら簡単だ。こういった方法で他の人に即、その場で簡単に共有するのは難しい。アバウトでよければ手書き文字をなげなわツールでテキストに変換して共有する方法もあるが変換精度が芳しくない。会議や打ち合わせでのメモをその場で個人或いは複数の人と共有する必要があるときには無理だ。こう言った状況で手書き入力メモを使う場合はMyScript Neboが良い。MyScript Neboはメモを入力すると同時にテキスト変換するので情緒はないが変換精度は確実だ。そしてエクスポートに「テキスト」・「PDF」・「Word」・ 「HTML」がありテキストで簡単に共有できる。Appleバイス同士ならAirDropで素早く標準メモアプリに送ることも出来る。

結論から言うと他の人と共有するにはMyScript Neboが良い。PDFなGoodNotesとテキスト重視のMyScript Neboでは目指すところが違う。あくまでも手書きに拘り共有したいと言うならばMyScript Neboしかない。mazecならもっと柔軟に対応する。

このように手書き入力メモアプリにも一長一短があるので用途にあった使い方がしたい。

AirDropについて

今回のテーマで使ったら快適だったので書いて置くが皆さんはご存知だろうから無視して結構。AirDropを使うと9メートル範囲内のAppleバイスと、写真や書類などを共有出来る。*BluetoothWi-Fiの通信範囲内である事、2つの機能を有効にしている事。

共有メニューを開くと共有したいユーザーが表示されるのでタップすると瞬時に送られる。受け取った側は開きたい方法を選択する。テキストなら標準メモアプリで十分だ。

See you tomorrow!

f:id:tomi_kun:20190722200437g:plain

 InstapaperをPremiumにしてみた

f:id:tomi_kun:20190721131215j:plain

 Instapaper premiumの主な機能

全文検索 Instapaperに保存した全ての記事(アーカイブした記事を含む)から検索 ⒉無制限のメモ 月に5件の制限を心配することはなくなります! ⒊テキスト読み上げ 保存済みの記事のプレイリストを作成し、音量を調整したら、あとはリラックスするだけ。 ⒋連続 利用回数無制限で速読をフルに楽しみましょう。

10年使い続けたInstapaperをサブスクリプションしてpremiumユーザーになった。2008年にリリースされたInstapaperは幾度も買収を繰り返し、このpremium機能も無料、有料を繰り返して現在は上記の機能が¥360/月のサブスクリプションだ。4つの内連続は日本語対応していない。今まで無料版で不都合もなく使って来たのに何故今更premiumなのかと言うと、ハイライト機能のためだ。言うならば「あとで読む」の「あとで読む」サービスの様なものだ。覚えが悪くなったせいか最近多用する様になった。

Instapaperの場合フォルダーに「メモ」という項目があり、ここにハイライトとメモされた部分が箇条書きで閲覧出来る。またハイライトした部分だけをEvernoteに送れる機能も興味がある。これで今まで以上にInstapaperの使い心地が良くなると思う。

現在のInstapaperの使い方

「あとで読む」サービスはInstapaperとPocketを気分でどちらも使っている。普通はお気に入りのサービスを1つに絞ると思うが性格が優柔不断なので両方使っている。ただIFTTTを介してPocketに保存した記事も同時にInstapaperに保存する様にしてある。読むのはどちらで読んでも構わない。Instapaperに保存した記事は読もうが読むまいが毎日Kindleに送られ、ほとんどの場合Kindleでまとめて読む。(もちろん日常にブックマークした記事と同じ様に読むことは出来る)Kindleで読み終わった記事はKindleでまとめてアーカイブ出来るし個々の記事をLikeする事も可能だ。加えてInstapaperとKindleどちらでもLikeすればEvernoteに送るようIFTTTで設定した。

1.PocketのアイテムをInstapaperに送るIFTTT

IFTTTの「this」→「Pocket」→「Any new item」・「that」→「Instapaper」→「Save item」でフォルダーを決めて完了

 2.InstapaperのLikeをEvernoteに送るIFTTT

IFTTTの「this」→「Instapaper」→「New liked item」・「that」→「Evernote」→「Append to note」でノートブックを決めて完了

「あとで読む」やRSSサービスが衰退していると言われるが自分にとってこの2つが大事な情報源である。調べたい事はその都度調べてもいいのだが、思った記事にたどり着くのには時間も手間もかかる。だからそのサイトをブックマークの様にいつでも使えるように保存できる事は役に立つ。

InstapaperをKindleで読む方法

See you tomorrow!

 

 TikTokは映えるか

 TikTokが登場したのが3年前で当時は興味津々で飛びついた。しかし、余りの奇抜さに尻込みした。リリースされて間もない頃から熱狂的なTikTokerがいて面食らった覚えがある。それまではネットで顔出しなんて怖くて出来なかったが、彼らは画面の中で平気に顔出しで踊っている、口パクで歌っている、それも半端なく上手で楽しくイカしていた。昭和な(死語か)私はグググイィ~と怖じ気付いて逃げた。無理だ!ってんで愛犬の動画を早送りしたり逆送りして、バックミュージックも金爆の女々しくてなんか流して投稿した。事もある。これが信じられないくらい簡単に面白い動画が出来る。15秒の短い時間のショートムービーだが今までの動画アプリで作ったら大変な作業だ。これは当たるなと思ったら案の定今ではyoutubeInstagramを抜いてNo.1のサービスに成り上がった。そんなTikTokにもルールはある。TikTokは13歳以上でないと利用できない、TikTokに動画を投稿したらCMなどの広告に使われても文句は言えない、という決まりだ。逆に今の利用者はそうやってTikTokで宣伝できる事を一種のステータスと思っている様だ。

はじめは自らTikTokで知人に公開…中1女子の下半身裸の動画をSNS等で拡散 面識ない9人書類送検

ただ、簡単なだけに危険な部分も潜んでいる。初めは余り深く考えずに顔をさらけ出したり自宅や自宅付近の映像も垂れ流すので個人情報、プライバシーなど全く無視だ。そのためにストーカーにあったりする事も十分考えられる。自分を売り込みたいのなら仕方がないがリスクは大きい。それを望んでやっていると言えば言えないでもない。

  圧倒的に10代の利用者が多いように思う。「インスタ映え」なんてもう古い、自分達にしか分からないと言う若いプラットフォームだ。ただ売れたい、楽しくみんなに注目されたい。まぁそれはそれで自己責任という事で納得しよう。

  それではTikTokで儲かるのか、youtubeInstagramの様にTikTokで稼いでいると言う話は余り聞かない。youtubeではアドセンス広告と言ってGoogleが管理している広告媒体を使えば1再生:0.1円が収入になる。アドセンスが使えるyoutubeが1番手っ取り早い。Instagramの場合はフォロワーの数に加えてスポンサーを見つけなければただの遊びだ。企業は人を集める能力のある人、インフルエンサーに金を払う。youtubeInstagramもフォロワーの数で儲ける。Instagramの影響力は強いだけあって単価は1フォロワー:1円と単価も高い。さてアドセンスも広告も貼れないTikTokで収入を得るのは難しい。せいぜい自分の本業の宣伝をするか、youtubeの前座でyoutubeの宣伝して金を貰うか、タレントに売り出したい本人または個人のアピール動画で稼ぐ位だろう。だが、そんな事は彼らにはどうでもいい事で楽しければ良い、逆に周りに迷惑をかけて負になっているかも知れない。ともあれTikTokは若い、暴走気味である。分別をわきまえて楽しむと良い。

See you tomorrow!

 

Instagram post by @tomi_kun • Jul 19, 2019 at 6:15am UTC

 小市民農園のすすめ

f:id:tomi_kun:20190719074023j:plain

kitchen garden

  家庭菜園と言うと何だか中流臭いので敢えて少市民農園と呼ぶことにした。それに自宅での農事ではないので家庭菜園ではない。を、している人を手伝ったりしている。随分消極的なのだが日に一度は野菜の顔を見に行く。そうだ、水やりは毎日ナスやキュウリ達にあげ続けている。

自分が植えた種や苗でもないのでどうでも良いのだが毎日、様子をのぞく。。。野良仕事は好きでは無いが、結果的に自分の栄養の基になる物の成長は楽しみだ。しかし個人で作る野菜は買ってくるより高く付く。肥料、土、草刈機、鋤などなど設備一式揃えるにも結構かかる。これが趣味となると苦にならないらしい。まぁ安心、安全な野菜で「まごにやさしい」を実践する事もいい事だ。

scrapbox.io

やさいの時間

See you tomorrow!

 

 iPhone8を買って1年間のアプリ購入履歴

 7年前のちょうどこの頃だったと思う。まちに待ったiPhone5が発売された時期になる。iPhone3、4,5と順調にアップグレードしていたのに何故かそこで止まった。俗に言うガラケー持ちになった。経済的な理由なのか、あまり覚えがない。だから昨年9月にiPhone8を求めるまではガラケー族でAndroidも持たなかった。なので久しぶりのiPhoneには随分面食らって操作もままならなかった。ケチなのでsimなしのiPhone5wi-fiで使えるため残してあったので、まるっきりの初心者と言うのでもない。しかし7年近いブランクは大きくOSも7だったと思うがiPhone8は11になっていた。そんなこんなで久しぶりに手に入れたiPhone8が楽しくて毎日弄り回して来た。iOSAndroidもアプリが無ければただの電話だ。高価な電話なので出来るだけ便利に使いたい。当然、それなりにアプリが必要になってAppleから調達するわけだ。アプリは代金がかかる、もちろん無料の製品もあるが大抵欲しいと思うアプリは有料で、運良く無料であっても後から課金と言うのがお決まりだ。

自分ではプログラムやブクマークレットなどを作成出来ないので、あなた任せで購入するアプリが高いと思った事がない。ましてや何年かぶりのiPhoneなので大方のアプリも使えなくなっているし、Apple IDも変えてしまっていた。だからAppleの新規ユーザーみたいなものだ。1つ1つ新しくアプリを揃えていたら1年弱で200を超えた。ほとんど無料で直ぐに捨ててしまったアプリが多いが、気に入っているものもある。1年を振り返える意味でも整理してみた。表にしたのは224分の20とほとんど使わないアプリが3つだ。値段は買った当初の金額。

  App 購入年月日 金額
1 TadaaSLR 20181017 ¥480
2 Annotable 20181121 ¥1200
3 SMPro 20181218 ¥600
4 Copied 20181218 ¥1320
5 Phonto 20190111 ¥240
6 Omnistat 20190119 ¥240
7 片手キーボードpro 20190201 ¥480
8 280blocker 20190308 ¥250
9 「91958」 20190321 ¥0
10 WorkFlowy 201903023 ¥0
11 TextWell 20190324 ¥360
12 mazec 20190522 ¥1080
13 MyScriptNebo 20190522 ¥960
14 Goodnote4 20190603 ¥960
15 JSbox 20190608 ¥960
16 Procreate 20190616 ¥1200
17 GIFtoaster 20190705 ¥0
18 Liner 20190710 ¥300
19 tap2Search 20190711 ¥0
20 Radsone 20190215 ¥240
合計   ¥10,870
使えないアフ°リ
1 Scrivener 20190415 ¥2400
2 HandyFlowy 20190514 ¥720
3 MemoFlowy 20190326 ¥480
合計   ¥3,600

evernote ¥600/月、Liner ¥300/月

Tap 2 Search:最近入れたアプリで重宝している。使用しているアプリ内でGoogle検索出来る。また、このアプリのお陰でアプリ内で大辞林検索が出来ることを知った。

Liner:3月に無料で購入して使えそうなので購入、先日課金した。一旦Webをアプリに読み込んでハイライトするのだが画面を拡大出来ないのが残念なアプリ。¥300/月がちと高い。

GIFトースター:写真やビデオをGIFに変換してくれるアプリ。これも最近手に入れたのだがブログの挿絵にピッタリなので常用している。

GoodNotes5:日記やPDFを読むのに毎日使っている。

mazec:購入の動機が手書き入力のテキスト化だったが思っていたものと違っていたのでお蔵入りかと思ったがiPad miniの入力にLogicool Crayonとセットで使うと快適なので常用中。

Textwell:これは数あるアプリの中でも3つに入る優れものだ。すべてがこのアプリを中心に動いている。

WorkFlowy:有料のHandyFlowyやMemoFlowyもあるがかえって使いにくいため公式を使っている。毎朝差分メールが届く。

91958:iPhoneScrapboxに書き込むのに利用している。公式はバグるので使いにくいためパス。

280blocker:iPadiPhoneSafariを閲覧する時の広告を完全に排除するアプリ。これも目立たないが3本の指に入る。

片手キーボードpro:これもソフトキーボードとしてiPhoneに常駐している。無くてはならないアプリだ。

phonto:写真加工アプリ、写真の合成に使うと便利で操作も簡単。Mac要らずの優れものでフォントも多数持っている。

Copied:これこそiPhoneiPadMacすべてのデバイスでフル活用しているアプリ。これが3本の中の残りの1つだ。

ScreenshotMakerPro:スクリーンショットiPhoneiPadMacの画面の中に収めた加工写真を作るアプリ。ほとんど毎日ブログで使う。

Annotable:これもブログの写真加工に毎日使うアプリ。iPhoneでここまで出来るのは感動モノだ。

Scrivener:物書きに憧れたとしか言いようのないアプリを買ってしまった。誠に分不相応なこと極まりない選択だった。プロフェッショナル過ぎて使えず。¥2,400が・・・

HandyFlowyMemoFlowy: WorkFlowyが使い難いと思って用意したがWorkFlowyに不慣れなだけであった。初心者には公式のアプリの方が分かりやすかった。

まとめ

抜粋して紹介したがまだまだ紹介し切れない。優れたアプリに出会うとラッキーだ。AppleStoreに数えきれないほどあるアプリの中のお気に入りに出会うためには、情報収集に余念を許さない。だが使い勝手に優れたアプリに出会った時の喜びも一入だ。年間14,470円を高いと思うか安いものだと思うかは自由だが私は後者だ。これからもAppleを使っていく以上良いアプリを探し続けたい。

See you tomorrow!

 

 標準メモアプリのインラインスケッチとスケッチ

 いつも使っている標準メモアプリですが、頻繁にバージョンアップしていて知らない機能がたくさん有ります。メモの手書き機能にも「スケッチ」と「インラインスケッチ」の2種類があるようです。

インライン (in line)とは 文章の中に埋め込む意味 「中に(in)」+「行(line)」で「インライン(in-line)」

「インラインスケッチ」はメモの途中に簡単な図を挿入出来る手書き機能でスケッチアイコンをタップして使用します。

 「スケッチ」は「インラインスケッチ」よりも前からあるスケッチ機能でメモ画面上に添付する形で使用します。

 インラインスケッチとスケッチの違い 

  インラインスケッチ スケッチ
選択範囲 ×
定規 ×
描画 テキスト表示のまま描画 テキストと別描画
消ゴム 線で消す こすった部分を消す
色数 5色+カスタム 23色
添付一覧 ×

 スケッチ 

1.キーボードの◯に+をタップ 

2.「スケッチを追加」でツールが使える:定規が有り選択ツールがない・カラーパレット23色・消しゴムは触れた部分が消える 

f:id:tomi_kun:20190717041503j:plain

f:id:tomi_kun:20190717060847g:plain
3.完了をタップして終了、追加はまた◯に+ 

4.添付ファイルにスケッチがある:一覧表示されて使っている場所が分かる

f:id:tomi_kun:20190717041644j:plain

 インラインスケッチ 

1.キーボード上のスケッチアイコンをタップ 

2.ツールが表れる:定規は無く選択ツールがある・カラーパレット5色+カスタム・消ゴムは線に触れただけで消える 

f:id:tomi_kun:20190717041738j:plain

※消ゴムツールは線の一部に触れれば全消去する↓

f:id:tomi_kun:20190717055945g:plain
3.共有メニューで罫線と方眼が選べる 

f:id:tomi_kun:20190717041939j:plain

4.選択ツールで図を移動出来る

※対象の図の一部を囲い移動する 

f:id:tomi_kun:20190717060034g:plain
5.画面をタップして文字入力に戻る

まとめ

標準メモアプリを使ってiPhoneで絵を描いてみましたが機能的には充分だと思いました。ペンの種類や色数そして選択ツールなどメモ帳には余りある性能です。愛犬のミニチュア・シュナウザーを描いてみましたが毛色がソルト&ペッパーなのでモノクロームな被写体です。「インラインスケッチ」のカラーは黒だけでも12段階も用意されているのでもってこいでした。「インラインスケッチ」のカラーパレットは120色から選ぶことが出来ます。レイヤー機能こそありませんが、ちょっとした挿し絵を描くには不足しません。「インラインスケッチ」と「スケッチ」どちらも魅力的なのですが色数と選択ツールが使えるインラインスケッチが優位かと思います。

f:id:tomi_kun:20190717133117j:plain

See you tomorrow! 

 

follow us in feedly