 人生は何度でもやり直せる control+Kしてもcontrol+Yがあるさ [Mac]

f:id:tomi_kun:20210227142911j:plain

 人生は長い、一度くらい失敗してもやり直す事が出来る。テキストの入力も然り、何度でも挑戦するがいい。そうして上達していくと言うものだ。


 Macのショートカットキーについて書いた時に書き忘れた重大なショートカットキーについて追記する。controlショートカットキーも便利なショートカットキーなのだが、肝心な失敗した時にフォローするショートカットキーの説明が不十分だった。ショートカットの中でもテキスト入力に便利なcontrolキーを使ったショートカットだったのだが、あらためて別表を参考にして欲しい。中でもオススメなショートカットキーがcontrol+A、control+E、control+Kの3つだった。テキストを書きすすめて、とある位置でいったん踏みとどまり熟慮を重ねた結果、潔くcontrol+Aで段落のはじめまで一気に遡り、躊躇する事なくcontrol+Kする決断力、これがなくては良い文章など書くことは出来ない。この思い切りの良さとcontrolキーを使った作業の速さが必要なのだ。


 しかし誰にだって迷いはある、もう少し考えてからにすれば良かった、と後悔する事もあるだろう。そんな時のやり直すための手段についての紹介がされていなかった事に気づき心配で眠れなくなった。


 簡単に言えばcontrol+Kで削除してしまったテキストを元に戻す方法だ。ショートカットに精通しておられる方なら、そこは⌘+Zだろうとお分かりでしょう。しかし、ここではあえてcontrol+Yを使う。⌘+Zは「直前のコマンドを取り消し」、control+Yは「切り取った行を貼り付け」というニュアンスの違い、などという感情論ではなく厳密に異なる処理になる。※あまり深刻に考える必要はないが暇な時に試して欲しい。


 こうしてcontrol+Yを加えてcontrolショートカットは完成するのであった。紹介したcontrol+A.E.K.Yに加えて方向キーの代わりとなるcontrol+F.B.P.Nも併せて活用したいショートカットキーだ。

See you tomorrow!

別表 controlショートカットキー一覧

ショートカット 動作
control + スペースバー Spotlight
control + A 行または段落の先頭に移動
control + E 行または段落の末尾に移動
control + F 1 文字分進む→
control + B 1 文字分戻る←
control + L カーソルまたは選択範囲を表示領域の中央に表示
control + P 1 行上に移動↑
control + N 1 行下に移動↓
control + O 挿入ポイントの後に 1 行挿入
control + T 挿入ポイントの右側の文字と左側の文字を置換
control + K 挿入ポイントから、行または段落の末尾までの範囲にあるテキストを削除
control + D 挿入ポイントの右側にある文字を削除
control + H 挿入ポイントの左側にある文字を削除
command + control + T 選択した項目をサイドバーに追加
command + control + D 選択した単語の定義の表示/非表示
command + option + control + 電源ボタン すべての App を終了し、Mac をシステム終了
command + control + 電源ボタン すべての App を終了し、Mac を再起動
shift + control + 電源ボタン ディスプレイをスリープ
command + control + 電源ボタン Mac を強制的に再起動

 そしてまたiPhoneのタイムスタンプ [TextExpander]

 iPhoneのタイムスタンプについては何の進展もなく空しく終わった。その後もひたすら調べ続けたが目を見張るような発見は無かった。というか、そもそも時代が、社会がタイムスタンプなどを欲していないのだ。事実、こんな事なら初めっから関わりあいを持つべきでは無かった。忌々しい。。。orz
 それでもいくつかはみつけたので記録しておく。まずはObsidianと同期する1Writerアプリである。Obsidianがもともと日付で管理されているDaily noteを中心に利用しているのでタイムスタンプなど必要ないが散策ついでに、いくつかのアクションがみつかったので掲載する。

 1Writerのタイムスタンプアクション

 1Writerも独自にMarkdownエディタとして活用されるので必要な場合も考えられる。https://1writerapp.com/actiondir/action/57398
1Writerがインストールされていれば画面の「Install」をタップすればアクションが追加される。 スクリプトを貼り付けも可能だ。1WriterはTextExpanderに対応している。

f:id:tomi_kun:20210226143426p:plain

  Draftsのタイムスタンプアクション

 Apple watch からiMacまですべてのAppleバイスで同期する Draftsのアクションもある。https://actions.getdrafts.com/a/1U7
Draftsもアプリがあれば「Install」で追加出来る。スクリプトを貼り付けも可能だ。 DraftsもTextExpanderに対応している。

f:id:tomi_kun:20210226143458p:plain

  Textwellのタイムスタンプアクション

 Textwellはアプリ内にタイムスタンプアクションが用意してある。
Import Textwell ActionTime Stamp

  TextwellもTextExpanderに対応しているのでそちらからでも利用できる。また何はともあれTextExpanderを持っていればこんな苦労はしなくても済むのだ。ずっと以前にTextExpanderが買い切りの頃には所有はしていたが、さほど使いみちのないままにいつの間にかサブスクリプション化してしまった。今でもその当時のTextExpander Touch3.5.6を使おうと思えば利用できる。しかし今更タイムスタンプのためだけにしがみつくのもどうかと思う。TextExpanderTouch3.5.6は対応するアプリで使えるし、拡張キーボードとしても使えるため標準メモアプリでも使える。しかしサポートは終了し現在は購入出来ない。

f:id:tomi_kun:20210226143641j:plain

 結論

 結局iPhoneiPadではTextExpanderに依存するしか無さそうだ。しかしブログなどのまとまったテキスト編集はMacで行うのでiPhoneiPadはできる限りユーザ辞書を使うようにしたい。Macの Alfredのスニペットは実用性が高く良い収穫だったがiPhoneiPadの環境はあまり改善されていなかった。
See you tomorrow!

 iPhoneやMacで「日時」を入力する

 最近、メールやLINE、書類などには作成した日付、出来れば時間まで記入するようにしている。特に約束などの連絡には、明日とか2日後という表記ではなく日時を書くようにしている。明日はいつまで経っても明日だと言われた事がある(^^;  日付はいちいち数字で「2021年2月27日」と書かなくても「あした」と入力すれば2021年2月27日が変換候補に挙がってくるし「やのあさって」と入力すれば2021年3月2日になる。時間も「15時15分」と書かなくても1515で「15時15分」に変換される。

 話は変わるがMacくらいになればタイムスタンプ機能ぐらいありそうだと思って探してみた。しかしMacでも日本語入力システムはiPhoneと同じなので方法は変わらなかった。Google日本語入力ならば「いま」と入力すれば現在時間が表記されるようだが標準の日本語IMでは「WordService」とかのアプリケーションが必要になるようだ。これ如きにアプリをインストールするのも鬱陶しいのでAlfred先生に相談してみた。

 Alfredの有料版にはスニペット機能がある。スニペットとはプログラミング言語の中で簡単に切り貼りして再利用できる部分。とあるが簡単に言えば何度も繰り返し使われる長いテキストを簡略化して使いやすくショートカットしたテキストの事だ。プログラミングはしないのでよく使う社交辞令的な定型文などに使う事もある。ユーザ辞書みたいなものだ。例えばブログのタイトルに

<p style="background:rgb(128,128,128); color:rgb(255,255,255);margin:10px 0px 10px 0px"><span style="font-size: 115%">&emsp;ここにタイトル</span></p>   

を入力するのは大変なので「!title」と入力すれば必要なスクリプトが入力出来る機能だ。Alfredでは、この機能を利用してタイムスタンプを入力することも出来る。

  Alfredのスニペットを使ってタイムスタンプ

1.Alfredの「Preferences」で「Features」の「Snippets」を開く。

f:id:tomi_kun:20210225143010p:plain

2.「Get Collections...」で「+」をクリックして新しいスニペットを作る。
3.スニペットの名前と呼び出すためのキーワードを設定する。

f:id:tomi_kun:20210225143050p:plain

4.{ }をクリックするとタイムスタンプの種類が表示されるので選ぶ。

f:id:tomi_kun:20210225143121p:plain

5.「Save」して完了。
設定が完了したのでこのMac上のどのアプリからでも「!ima」と入力すれば「2021/02/25 14:06:20」と入力される。

 まとめ

 毎度 Alfredのお話になるがこれだけ多機能で動作が軽いアプリは他にないしトラブルも一度もない。まだまだ使っていない機能ばかりだ。クリップボード履歴機能、スニペット機能は有料版が必要になる。詳しくはこちらを参考にしてほしい。

tomi-kun.hatenablog.com

See you tomorrow!

 やっぱりiPadのベストパートナーはApple pencilだった

f:id:tomi_kun:20210225001028j:plain
 考えてみればiPhoneMac、とくにMacBookあたりの中間に位置しているのがiPadだ。あれば便利だけれど、かと言って無くても困らない。そんな中途半端な存在だったiPadも4台目になる。iPad2、iPad6th、iPad miniそして2台目のiPad miniがいま手元にある。MacBook Airを買ってから、やっとiPadの立場が安定して役目や使われる場所も決まってきた。

 つい最近までiPadの使いみちを模索してMagic Mouseを繋いでみたりMagic Keyboardやトラックボールまで繋がれた。何をしたかったのだろう、と振り返ると可笑しく思える。テキストも書ける、絵も描ける映画も観られる一般的なSNSやテレビ電話だって出来てしまう。何だってiPadで出来るし軽くてモバイルもしやすい。わざわざiPadでしなくてもいい事まで無理やりやらせようとした。

 運も悪かったんだろうけれど、そんなハードな使われ方をしたものだから1台目のiPad miniは1年と少しで使い物にならなくなってしまった。だからではないのだがMacの買い替えにMacBook Airを選んだ。はっきり言ってキーボードやマウスが繋がったiPadは必要なくなった。というよりそんなものが繋がったiPadiPadではない。気軽にソファでもベッドの上でも気軽に持ち歩く事ができてみんなで使い回せたりするただのタブレットiPadだ。

 だけど初めっから今までiPadと、いつも一緒にいるのはApple pencilだ。そう言われてみると、このApple pencil第一世代は2台前の6世代のiPadの時からずっと一緒だ。GoodNotes5で手書き文字を書いたりProcreateを使って絵を描いたりもした。iPadと一緒に、いつも手にApple pencilはあった。マウスの代わりにタップしたり、フリック入力でテキストも全て書いてきた。いちばん人の指に近いポインティングデバイスだ。

 Apple pencilはiPhoneでは使えない。もちろんMacBookにも対応していない。Apple pencilが使いたいがためにiPadを使う人もいるそうだ。Magic MouseやMagic Keyboardなどから解放されて、やっと本来のiPadの姿になれて良かった。iPadMacBookになる必要はまったくないし電話になる必要もない。iPadにはiPadにしか出来ない事はある。
See you tomorrow!

 

 Touch IDの学習機能を利用して指紋認証の精度をあげる方法

 iPhoneiPadでTouch IDの機種を使っていて上手く指紋認証が出来ない場合があると聞きました。指先が汗っぽかったり逆に乾燥し過ぎていたりと人的要因やホームボタンが汚れている場合も考えられます。しかし個人的にはiPhoneiPadでもそういった不具合に遭遇した事がないので当人と検証してみました。まず手指の健康状態は無視します。iPhoneiPadのホームボタンも通常の使用状況ならそのままで良いでしょう。ただ保護フィルムやカバーがホームボタンに被っているのは外します。

  Touch IDの指紋登録

1. 「Touch IDとパスコード」をタップして指紋登録画面で「指紋を追加...」をタップします。
2. ホームボタンつまりTouch IDセンサーを指で覆うように指を載せセンサーの周りの金属部分に触るようにしてスキャン中は指を動かしません。 ※指は先だけでなくしっかり指の腹で覆います。
3. iPhoneの指示に従って指でタッチしたり離したりして終了します。

 通常ならこれで問題なくiPhoneiPadのロックが解除できます。しかし不安定で成功したり、しなかったりする事がある場合には 次の方法を試してみてください。Appleのサポートにも他の指も複数を登録する事が勧めてあります。しかし Touch IDセンサーは学習機能を備えているので登録済みのデータとその後にスキャンした指紋を毎回比べ直してデータを追加していき精度を高めています。つまり指紋認識作業を何度も繰り返し行う事で認識作業が早く楽になります。そこで登録する指の数を増やさずに手っ取り早くiPhoneiPadに学習をさせます。

  Touch IDセンサーの学習

1.登録済みの「Touch IDとパスコード」の画面を開きます。
2.通常のロックを解除する時と同じように登録済みの指を Touch IDセンサーつまりホームボタンに載せます。※登録した時と同じ条件で指が載せられれば指紋データ(例 指紋1)の背景がグレーになってロックが解除された状態になります。しかし指を少しずらした状態にすると背景は白色のままです。これを何度も繰り返して Touch IDセンサーに学習させてグレーに変化させると許容範囲が広くなって認識されやすくなります。
f:id:tomi_kun:20210223181848g:plain

See you tomorrow!

 字は心の鏡というならば漢字の書き順を間違えちゃう人の心はどんなだろう?

f:id:tomi_kun:20210222145525g:plain
 もう学校も卒業した事だし漢字の書き順など、どうでも良い事だ。それどころか最近ではパソコンで文章を打つので碌にペンで漢字を書いた事もない。漢字そのものを忘れつつある。先日、筆を使って人の名前を書く機会があった。簡単な字だが墨と毛筆を使って書く、あらたまったシチュエーションだった。簡単な漢字だったのだが緊張しているせいか書き順につまってしまった。名前の一部分に可能の可の字があったのだ。

 漢字の書き順には決まりがある。現代社会で鉛筆やペンで丸ゴシックのような字を書いている分にはどうでもいい事だ。しかし漢字を正しい書き順で書くのには次のような理由があるらしい。
1. 文字が書きやすい(運筆に無駄がないため)
2. 文字が整えやすい・読みやすい(全体の形や線の方向が安定するため)
3. 文字を覚えやすくなる(同じ形は同じ書き順というルールがあるため)

 書かれた漢字を見ても鉛筆やボールペンを使って楷書で書かれていたら書き順などはわからない。しかしペンの動きをスムーズにして文字の形を整えるためには正しい書き順が必要になるのだろう。楷書から行書に変化していく過程を見ればよく分かる。

 少し自信をなくしたのでネットで確認しながら書こうかとも思ったが良い機会なので無料の筆順辞典をダウンロードした。いろいろ調べてみると間違って覚えていた書き順が以外に多い。調べてもまたすぐに忘れてしまうだろうけれど毛筆で書く時には書き順はすぐバレるのでその都度調べて半紙に向かいたい。

※入力及び検索は手書き入力、部首索引、クリップボード、音声入力など。
※付箋、履歴機能あり。

f:id:tomi_kun:20210222145846g:plain

新・筆順辞典

新・筆順辞典

  • NOWPRODUCTION, CO.,LTD
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料

See you tomorrow!

 Macのポインティングデバイスにはどれが最適か(マウス/トラックパッド/トラックボール)

f:id:tomi_kun:20210221174148j:plain

ポインティングデバイスとは

 ポインティングデバイスはひとことで言えばカーソルを動かす装置である。代表的な機器にマウスやトラックパッドトラックボールが挙げられる。Apple pencilなどのスタイラスペンや、ある意味では人の指もポインティングデバイスである。そんな中から選んだのはトラックパッドだった。長い間マウスしか使ってこなかったが、それは単に使わず嫌いだった。MacBookには、さすがにマウスを与えた事は無かったがWindowsのノートやiMacなどのパソコンには当然のようにマウスが常備されていた。何を隠そう、つい1年前まではiMacにはMagic Mouseが必須機器であった。興味本位もあったが突然にMagic Trackpadを使おうと、それまで使い続けたMagic Mouseに封印してトラックパッド派に転向したのであった。その後1年間はマウスに頼る事は一度もなく今日に至っている。

トラックパッドを選んだ理由

 結論から言うと非常に快適であるしMacBook Airも当然、何も不具合もなくトラックパッド( Magic Trackpadに限る)だけで十分操作出来ている。トラックパッドの使用に傾いていったのにはiPhoneiPadの影響は大きい。iPhoneiPadはキーボードやマウスを使わなくても指で画面をなぞるだけでカーソルなどの操作が出来る。そればかりか画面上で指のジェスチャーを使ってありとあらゆる操作が可能だ。そうしたiPhoneiPadと同じようにトラックパッド上でiMacMacBookを指先だけで操作する事に憧れたのだ。特にこの操作性やジェスチャーWindowsトラックパッドにはない優れた機能だ。

 初めてトラックボールを使ってみた

 先回からトラックボールMacBook Airに使い始めたのには訳がある。もともとはトラックボールiPadで使ってみる予定だった。iPadにマウスを繋いだが思ったような成果が得られずトラックパッド付きのキーボードを揃えようとしたが高価格のため断念した。そこで思いついたのが外付けキーボードとトラックボールの組み合わせだった。ビジュアル的にはMacユーザーとしては許しがたい形状だが、価格的には両方で1万円にも届かないお値打ちペアであった。しかしトラックボールLogicoolのM575でiPad対応品ではあったけれどもトラックボールの細かい設定をするためのアプリであるLogicool optionがiPadには対応しておらず使えなかった。結果的にはiPadはソフトキーボードと指によるジェスチャーで操作するのがベストだと納得した。そこで、せっかくなので備え付けのトラックパッドはあるもののMacBook Airトラックボールを繋いで使っている。トラックボールにも熱狂的な愛好家がいるので批判は避けたいが、個人的にはトラックパッド、当然Apple製のMagic Trackpadには敵わないと思う。特にトラックパッドのアプリであるBetterTouchToolでカスタマイズすればいかなるポインティングデバイスも及ばないだろう。

 結果的にはAppleトラックパッドが良い

 結論は言うまでもなくMagic Trackpadがおすすめである。今使っている古いタイプの Magic Trackpad 1で必要なスペースは13cm×13cmだけである。この四角の中で2本指であったり3本、4本指が自由に動き回りディスプレイ上でMacを操作する。省スペースなのはトラックボールも同じだがトラックボールは操作するのに幾つかのボタンとローラーだけで操作するためキーボードショートカットなどとの併用も必要になる。マウスについてはApple製のMagic Mouseジェスチャーを使えばマウスだけの運用も可能かも知れないがスペース的に好ましくない。

 終わりに

 ものの良い悪いを決めるにはそれなりに根拠となるデータが必要になる。だから今回は好き嫌いでポインティングデバイスについて書いてみた。好き嫌いは人の自由だ。だけどマウスとトラックパッドで迷ったら絶対に Magic Trackpadをおすすめする。
See you tomorrow!

follow us in feedly