 Alfredのクリップボード履歴とMerging機能

f:id:tomi_kun:20200709195526p:plain
 AlfredのPowerpackで使える機能にクリップボード履歴機能があります。手っ取り早くPowerpackの実力を知るには分かりやすくて有効な機能です。クリップボードというのはMacでコピーしたテキストや画像を一時的に保存して置く架空の保存場所の事です。本来ならコピーした直前の1件だけが保存されます。しかしコピーした情報を何度でも使いたい時や他の情報をコピーした後でもまた使いたい時などにはその履歴が残っていて再び利用出来ると便利です。Mac自体は1件しか保存出来ないので別にクリップボードのアプリケーションが必要になります。今まではMaciPhoneiPadでコピー履歴を共有出来るCopiedアプリを使って来ました。しかしAlfredのPowerpackを使えば同じような事がもっと簡単に速く出来るので紹介します。Alfredのクリップボード履歴とはMac上でコピーしたものの履歴が保存される機能です。最大3ヶ月分の履歴を残すことが出来て履歴の閲覧や検索が出来ます。方法はAlfredを起動してclipboardと入力すると履歴が閲覧出来るしHotkeyを設定して簡単に呼び出酢ことも出来ます。デフォルトでCmd + Opt + cで呼び出し設定になっています。

クリップボード履歴の使い方

1.Alfredを開いてclipboard(clだけでも良い)と入力する
f:id:tomi_kun:20200709195630p:plain
2.クリップボードに保存した履歴が表示されるので⌘+数字で貼り付けされる
f:id:tomi_kun:20200709195706p:plain
これだけの手順でペースト出来てしまうため今までのCopiedが面倒になってしまう。例えばCopiedの場合は履歴一覧を表示してコピーしたい項目を選びクリックしてコピーするタイプをクリックする。そうして⌘+Vでペーストされる。Alfredのクリップボード履歴と同じような作業だが1アクション少ないだけでかなり楽な気がします。
 ただ問題はAlfredはMacでしか使えないところです。普段はiPhoneiPadでWebからコピーして資料を集めてCopiedに保存している。それらの資料をもとにMacのCopiedを利用しながら最終的に編集しているのでこれが使えなくなることだけは不便です。

クリップボードMerging機能の設定

f:id:tomi_kun:20200709195838j:plain
1.Alfred→Preferences→Clipboardをクリックします。
2.Mergingタブをクリック。
3.Fast append selected textにチェック
4.Place merged text back into mac os clipboardは連結されたテキストを通常のMacクリップボードにも保存して、⌘+Vでペースト出来るように設定する
5.・Separate appended item with space→テキスト間を半角スペースでつなぐ
 ・Separate appended item with new line→テキスト間を改行する
 ・Don’t separate appended with items→スペースを開けない
6.Play a sound when appendingでテキスト連結時に効果音が鳴る

クリップボードのMerging機能を使う

⌘+Cではじめのテキストをコピーして⌘キーを押したままで別のテキストを選択してCを2回連続してクリックするとテキストが接続され連続のテキストになる。
1.まず1番目のテキストを範囲指定して⌘+Cでコピーして⌘は押したままで次のテキストに移る f:id:tomi_kun:20200709195948j:plain
2.2番目のテキストを範囲指定して⌘を押したままで2回Cを入力する f:id:tomi_kun:20200709200008j:plain
3.⌘+Vで2つのテキストが連結されて貼り付けられる※クリップボード履歴にも残る f:id:tomi_kun:20200709200029j:plain
See you tomorrow!

 Alfredでお気に入りのサイト内検索をする設定

 またまたAlfredのお話です。Webにはいろんなサイトがあって知りたい事を検索するには困る事が無いどころか、どのサイトを参考にしたらいいのか迷うほどです。同じ事柄でも時期や環境によっては参考にならない場合も少なからずあります。そこで専門的な項目について調べるサイトは極力、絞って決まったところを使うようにしています。例えばTextwellの関係ならば、同じはてなブログを使ってみえて自作アクションも豊富なwineroses

Jazzと読書の日々

さんに決めて検索すれば間違いないというような事です。また自分自身のブログも重複しないように検索することもあります。これらの検索を毎回そのサイトを訪れてブログの検索エリアからするよりもAlfredを使って検索が出来てしまうという機能があります。Web custam search機能です。

Web custom searchの設定

1.Alfredの設定でFeatures→Web Searchを選ぶ
2. 右下にあるAdd Custom Searchをクリックする
f:id:tomi_kun:20200708175404j:plain
3.次に検索するWebサイトのurlを入力します※このurlは登録したいサイトのサイト内検索する場合のurlを事前に調べておく必要がある
4.例えばはてなブログなら

https://tomi-kun.hatenablog.com/search?q=

なので最後に{query}を設定する※ {query}を入力する事で任意の検索語句で検索出来るようになる

https://tomi-kun.hatenablog.com/search?q={query}

f:id:tomi_kun:20200708175450j:plain
 設定が済んだらAlfredを起動して設定したkeyword+(半角スペース)+検索語句を入力すれば当該サイト内での検索結果が表示されます。この機能を使うとわざわざ目的のサイトを開いて、検索エリアを探して入力するという手間が要らずにAlfredだけで検索出来ます。
f:id:tomi_kun:20200708175525p:plain
f:id:tomi_kun:20200708175613p:plain
 こんな様子ですが一度設定すればキーワードだけ入力するだけで何度でも利用できます。毎日、ひと機能ずつの投稿ですがPowerpackを取り入れたおかげで機能が増えて戸惑っています。しかし今回のWeb search機能は無料版でも使えそうです。
See you tomorrow!

 エコバッグを買いに行ったら久しぶりにダヤンに会った

f:id:tomi_kun:20200707183541j:plain
 レジ袋ってコンビニ行って買い物すると今までタダでくれたのにこれからはお金がかかるんだ。もったいないから貰わないようにするか。でもたくさん買った時には手に持ち切れないしやっぱり1枚買おうか。2、3円で買えるし後で使い道もあるしなぁ。結構、重宝してたから無くなるのも不便だからお金を払って買うとするか。大した金額でも無いし、そのために大の男が買い物袋を用意して出かけるなんて格好悪い。エコバッグって言うのか、あれだって幾らかするんだからレジ袋買った方が安いからさ。

はじめに

 7月1日からレジ袋が有料になった。レジで支払いする度に袋は入り用ですか?と訊かれるが決まって断る。大量の買い物をしている訳でもないしプラスティックゴミの削減問題も耳にしているので袋を貰うのも躊躇する。と言うよりも1枚あたりに幾らかの費用がかかれば自ずと考えるものだ。コンビニで買い物したとして1回3円の出費になり毎日コンビニに通うと月に90円。。。年間で1,000円ちょっとになる。たいしたことないけど金銭勘定でこれを単純に考えると、、、と言うか今まで無料で使えていたものが使えなくなり有料になると考えると金額はともかく不条理を感じてしまう。何でこんな事になってしまったのか、まさかコンビニの売り上げを上げるためでもあるまいし原因を考えてみる。

海洋プラスティックごみ問題

国連によると、毎年800万トン以上のプラスチックごみが海洋に流れ込んでいて、その総量はすでに1億5000万トンを超えるといわれています。2050年には、地球上に生息する魚の重量をプラスチックごみの重量が上回るとも予測されており、早急な対策が必要です。

とある。マジか!具体的な海に対する影響は大きく分けて次の3つが考えられるだろう。
1. 海洋生物への影響
プラスティックごみ袋をウミガメが食べてしまったりプラスチック製の漁業網に絡まってクジラや海鳥が窒息死する
2. 人体への影響
なにも直接人体に害がある訳ではないがマイクロプラスチック問題がある。海流で漂流したプラスチックごみが雨や波、紫外線によって5ミリ以下の細かい粒子に砕かれたマイクロプラスチックそれを海洋生物が“餌”と間違えて食べれば、その後の食物連鎖であらゆる生物の体内にプラスチックが取り込まれることになる。
3. 経済損失
ごみの回収や漁業への悪影響、船舶の事故なども必然的に起こっている。
 こう考えると世界規模で海洋プラスティックごみ問題が深刻なことになっていることがわかる。まぁ海はすべてが繋がっているわけでどの国が良いとか悪いと言っている場合ではないが日本はどの程度の位置にあるのか調べてみると

海洋プラスティックごみの流出国

 多く流出している国は主にアジア諸国(82%の流出源はアジア諸国で、上位には中国やインドネシア、フィリピン、ベトナムなどの新興国が並ぶ。ごみを分別する習慣がなかったり、リサイクル技術やリサイクル施設の導入が遅れている)で、全体の約8割を占めている。またプラスチックの生産量を見ると、アメリカ、中国に続いて日本は世界3位だ。そしてプラスチックごみを廃棄している総合量でいえば中国、EUアメリカ、インドに続いて世界5位なのが現状だ。 日本は生産・廃棄共にかなりワーストな国だ。これらを踏まえてどんな対策が取られているのか観てみると

企業の取り組み

スターバックスプラスチックストローの廃止
・イケアは使い捨て用のプラスチックの皿やスプーン、フォーク、ストローなどの販売停止
すかいらーくは石油由来の使い捨てプラスチック製ストローの使用を廃止
日清食品ホールディングスは紙や発泡スチロールのカップ麺の容器などを自然に分解される「生分解性プラスチック」に変更など

個人の取り組み

 さてレジ袋やペットボトルの廃棄はやはり個人によるものがほとんどなので今回のレジ袋の廃止問題になるわけだが個人の集合体としての取り組みに 3Rの徹底 がある。3Rとは
・リデュース(Reduce)=排出するごみの総量を減らすこと。
リユース(Reuse)=ごみにせず、再利用すること。
・リサイクル(Recycle)=徹底的に再生産に回すこと。
我々個人が出来ること言ったらまずはコンビニレジ袋やペットボトルの量の削減、処理については分別の徹底をすることだろう。こんな事はすでに何十年も前から言われ続けている。しかし現状は一向に改善される見込みもない。
結局、有料無料いずれにしてもレジ袋がある以上は廃棄物としては存在するわけなので完全に無くすことは不可能なのだ。レジ袋の有料化が義務付けられることとなってバイオマスレジ袋に切り替えて無料で配布する店もあるそうだ。また、もっと進んでレジ袋を完全に廃止する店もある。こうしたレジ袋有料化による流れで客すなわち国民全体が海洋プラスティックごみに対して意識を持ったことは明確だ。
f:id:tomi_kun:20200707183618j:plain

終わりに

 今日、エコバッグを買ってきた。散歩のついでに犬のおやつや水を買う事もあるので1つ要るかなって思って安くて小さく収納できるタイプの袋を買ってきた。実際問題としてはレジ袋がプラスチックごみ全体に占める割合など小さなものであって2〜3%程度にしかならないそうだ。ただ、気持ちだよね。気持ちの問題が大切なんだと思う。意識改革って言うのかなぁ。海が大変な事になってるよって、ゴミは減らそうよって思うだけでも少しは良くなると思うんだよね。今現在を生きて行くには直接目に見えて不具合がある訳でも無いけど近い将来にはとんでも無いことになるって意識して生活すると少しはそうなる事を伸ばせるかも知れない。お金じゃあないんだよね、お金じゃあ買えない物のために少しずつ気をつけるのさ。ただのレジ袋1枚でもね。
See you tomorrow!

 Alfredの環境設定(Preferences)のショートカットキーを知った1日 「⌘+,」

 Alfredを使って1年半になるのに今日は初歩的な操作が分からずに苦労した。あとになって分かったことなのだがこれはAlfredに限ったことではなくMac全般に言えることだったので尚更恥ずかしい事実だ。今までAlfredの無料版を使ってきたのだがアプリケーションを起動する時以外には使ったことはあまりなかった。なので環境設定など触ったのもAlfredを起動する時のショートカットキーを変更したくらいだ。今回Powerpackを購入したので設定する項目も増えた。設定を変更するにはAlfredの環境設定を開く必要があるのでツールバーのAlfredアイコンをクリックしてPreferencesを開いていた。しかしアイコンをクリックした時に表れるメニューのPreferencesの横にショートカットキー「⌘+,」がある。どうやらこのキーを入力すれば速攻でAlfredの環境設定が開くらしいことは分かった。
f:id:tomi_kun:20200706195815j:plain

だが何度⌘+,を入力してもMacのFinder環境設定が開くだけでAlfredの環境設定が開かない。いろんなWebサイトを調べても何処にも答えはみつからなかった。さんざん試して諦めかかって、どうせならAlfredで検索したら分かるのではないかと思いAlfredのダイヤログに⌘+,と入力しようとしたところAlfredの環境設定が開いた。
f:id:tomi_kun:20200706195926p:plain
 なんだAlfredのダイヤログを開いた状態で⌘+,のショートカットを入力するということだったのだ。あとで分かったのだがChromeを開いた状態で⌘+,と打てばChromeの環境設定が開くのだ。どんなアプリケーションでも同じ事だろう、Macの基本的なショートカットキーなのだ。はずかしい。
 恥を晒しただけではつまらないのでAlfred関連で1つだけ報告をしたい。昨日のAlfredのiTunes Mini Player機能に引き続きWorkflowを弄ってみた。と言ってもサンプルのWorkflowを試しただけなのだが、すこぶる調子が良い。Google SuggestといってGoogleの検索バーに文字を入れてよく検索される文字列を自動で補完してくれる機能をAlfredで使えるようになる。

Google Suggestの設定

1.Alfredの設定でWorkflowタブを開く
2.左の下にある「+」をクリックする
f:id:tomi_kun:20200706200029j:plain
3.「Examples」の「Google Suggest」を選択する
f:id:tomi_kun:20200706200107j:plain
4.「Continue」でインストールできた
使い方はAlfredのダイヤログにgを入力して半角スペースを入れてから検索語句を入力する。
f:id:tomi_kun:20200706200149p:plain
 実は同じExamplesの中にAmazon Suggestがあるのでインストールしたが上手く動かないので苦闘中だ。
See you tomorrow!

 AlfredでiTunesを操作するiTunes Mini Playerがとてもいい

 MacのAlfredにPowerpackを実装して、あらたに使える機能にiTunes Mini Playerがある。Macの画面でAlfredを使ってiTunesをそのまま素早く操作できる機能だ。iTunes内の曲を検索して再生するだけでなくアーティスト、アルバム、プレイリストをブラウズ出来て選曲・再生・停止が出来る。

iTunes Mini Playerの起動

1.iTunes Mini Player はショートカットキーで呼び出す※デフォルトはctrl+⌘+return(変更可能)
2.Alfredの入力エリアにキーワード設定した語句を入れる※例itminiなど
f:id:tomi_kun:20200705203249j:plain

iTunes Mini Playerの使用方法

  1. iTunes Mini Playerを起動したら画面のメニユー(アーティスト、アルバム、プレイリスト)から曲を選択してリターンキーで再生する
    2.入力エリヤに曲名を直接入力も出来る
    f:id:tomi_kun:20200705203131j:plain

    iTunes Mini Playerの操作キーワード

    iTunes Mini Playerの操作は入力エリアにキーワードを入力する※keywords設定画面で確認、変更可能

操作 キーワード
再生/停止 play or pause
次のトラックへ next
前のトラックへ previous
ランダムアルバム random
ボリューム最大 volmax
ボリューム半分 volmid
ミュート mute

※keywords設定画面の下にあるShow these keywords in Alfred Default ResultsにチェックするとAlfredから直接コントロール出来るようになる。
f:id:tomi_kun:20200705203344j:plain
 スニペットクリップボード履歴に魅力を感じてPowerpackを購入したが今までのユーザ辞書、Copiedなどの機能と被る事もあって落ち着くのに時間がかかりそうだ。それよりもiTunes Mini Playerは思ってもみない掘り出し物だった。Webを閲覧しながらとかSimplenoteで執筆しながらAlfredで簡単にiTunesを操作して好きな音楽を聴くことが出来る。いちだんとiTunesが身近になった。
See you tomorrow!

 Macの内蔵辞書をAlfredで高速検索する

f:id:tomi_kun:20200704143458p:plain
 iPhoneで分からない語句の意味や書き方を調べるには大辞林などの辞書アプリを使う。しかし執筆中や閲覧中のアプリから辞書やWeb検索に移動するのが無駄なので内蔵辞書を使うことも多い。特にMacの場合はアプリケーションの移動は面倒なのでMacの内蔵辞書を使っている。Macにはspotlight検索機能もあるがランチャーアプリAlfredを使うともっと快適に出来る。

Alfredで内蔵辞書の検索をする

1.Alfredの設定画面(preferences)のメニューで「Spelling Definitions」をクリックして「Define a word」にチェックして「d」とする(デフォはdef)
f:id:tomi_kun:20200704144149j:plain
2.使用するにはAlfredを開いて「d(半角スペース)検索語句」と入力するとMacの内蔵辞書で検索出来る※「d」がないとGoogle検索になる
 Macのspotlightでも同じようなことが出来るがシステム環境設定を変更する必要があるので圧倒的にAlfredが簡単で早い。
こんな風にAlfredはMacを使う上でなくてはならないランチャーアプリになっている。2019年の2月から使い始めたが未だに無料版を使っている。しかし限りなく有料版に憧れていた。今回、この記事を書くのに調べ直してみたら今のまま無料版を使っていたらAlfredの機能の半分も利用できていないことが分かったので思い切って有料版にしてみた。

Alfredの導入

1.Alfred公式サイトでAlfred 4をダウンロードする※AppleStoreではバージョンが古いため公式サイトでダウンロードする。自分もAlfred 3のまま使っていたので有料版(Powerpack)を購入後に最新版のAlfredをダウンロードさせられた。
2.Alfred公式サイトでBuy the Powerpackをクリックして購入する※Single Licenseが25ポンドでMega supporterは45ポンドになる。 f:id:tomi_kun:20200704143542p:plain
3.購入手続きが済むとライセンスキーをメールで送ってくるので入力する 。

有料版と無料版の比較

機能 無料版 有料版
アプリの起動
ファイルの検索
ファイルアクション ×
Web Search機能
Web Bookmarks機能
クリップボード履歴 ×
スニペット ×
電卓
辞書検索
連絡先の検索 ×
iTunesコントロール ×
1Password連携 ×
システムコマンド
ターミナルコマンド実行 ×
ファイル検索後のプレビュー
Workflow ×
外観のカスタマイズ

※ファイルの検索△はNavigation / Bufferは使用不可
※外観のカスタマイズ△は既存のテーマから選択は可能

 有料版にだけある機能でクリップボード履歴、スニペット機能そしてWorkflow機能の3つに興味がある。順を追ってマスターしたいと思う。Alfred導入当時の記事も参考にしてほしい。↓

tomi-kun.hatenablog.com
See you tomorrow!

 インターネットの回線速度をアプリを使わずにGoogle検索で測定する [iPhone][iPad]

 ブラウザでWebを閲覧していて遅いと感じた時にGoogleが具体的に速度を数値で計測してくれます。方法はGoogle検索の入力エリアに「ネット速度」と入力するだけです。入力するとインターネット速度テストのサイトが開くので右下にある「速度テストを実行」をタップします。直ぐに計測がはじまりダウンロードとアップロードの速度が表示されます。数値に対する説明も併せて表示されるので参考になります。※WiFiだけでなく4G、5Gにも対応している。
f:id:tomi_kun:20200703175234j:plain

理想的な回線速度

1.メールやLINEを使う場合
下り128kbps~1Mbpsが必要。(128kbpsは通信制限がかけられたときの速度) テキストだけであれば問題ないが画像や動画のファイルが添付されている場合ダウンロードするのに時間がかかる。
2.Webサイトを閲覧する場合
下り1Mbps~10Mbpsが必要。テキストが中心のサイトなら1Mbps程度でも支障ないが画像や写真が多いサイトでは最低3Mbps程度あると良い。
3.動画を視聴する場合
5~20Mbpsが必要だが解像度によって異なる。4K程度の高画質動画を視聴するには25Mbpsは確保したい。
 計測したデータを参考にしてWiFi環境の整備に役立てる事ができます。同じくネットの回線速度のテストサイトにspeedtest.netがありますので確認のために試してみました。まったく同じ数値ではありませんがだいたい信頼できる数値が表示されます。
f:id:tomi_kun:20200704001412j:plain
See you tomorrow!

follow us in feedly