 iPhoneのアクセシビリティって何だ

 iOS13になって充実した機能にアクセシビリティがある。分かりやすい新しい機能の1つにマウスの対応がある。特にiPadユーザーにとっては待望の機能の1つだ。だが対応はしてくれたものの何かが違う。こんな筈ではなかったという声も聞こえてくる。そもそもアクセシビリティとは何なのだろう。Appleによると

iPhoneiPadは多くのアクセシビリティ機能を備えており、視覚、身体と動き、聴覚、および学習上のニーズに配慮しています。

 ※参考音声コントロール

つまりアクセシビリティとは人の身体的な能力を補助する機能で、一般的に期待する斬新的なだけの機能ではないのだ。だからマウスにしても、あくまでも補助するための機能だ。そう考えると納得ができる。よく使う読み上げ機能にしても補助機能であると思えば大変考えられた優れた機能だ。

今回のiOS13の新機能に音声コントロールアクセシビリティに追加された。どんな機能なのか試してみた。音声コントロールと読んで字のごとく音声で iPhoneアプリを起動・終了したりホームに戻ったり出来る。

Siriでも出来るではないかと思われるかも知れないがSiriではアプリを開くことは出来るがそれ以上の操作が出来ない、そんな時でも音声コントロールなら出来る。ただ普通にiPhoneを操作出来るユーザーにはもどかしく感じるだろう。コントロールするための言語は英語になるし標準メモアプリへのテキスト入力も英語になる。これを日本語に対応させるには今のところ自分を英語対応させるしかなさそうだ。

アクセシビリティの音声コントロール(※アクセシビリティの位置が変わっている)

1.「設定」→「アクセシビリティ」→「音声コントロール」と進む

2.音声コントロールをONにする

f:id:tomi_kun:20191015140126j:plain

 設定はこれだけである。設定が済めばすぐにでも利用可能である。例えば「Open Safari」と言えばSafariが起動するし「Show Number」と言えば画面にあるアイコンに数字のナンバーを付けて、そのナンバーを呼べば実行される。とても便利には違いないのだが指で操作すればいい事である。

今後この機能がどう進化していくのか、自分にこの機能がいつ必要になるのかは分からないが今後の世界を見据えてみればその必要性は分かってくる。

※参考音声コントロール

See you tomorrow!

 iPad miniがフリック入力に回帰した

どう操作する?(中略)みんなが生まれながらに持つ世界最高のデバイス、指だ!名は「マルチタッチ」だ。(中略)ミスタッチには反応しない。複数の指を感知する。スティーブ・ジョブズ

 iPad  mini 5を使うようになって6ヶ月が経つ。待ちに待ったiPad mini 4の後継機として登場したハイスペック miniだ。購入当初はApple Pencil対応も魅力の1つでその利用方法も考えProcreateで絵を書いてみたり、テキスト入力に手書き入力アプリmazecを採用したりしたが、どうも思っていたスタイルとは違うような気がした。iPad miniはもっと気楽で身軽なデバイスだったんじゃぁないのか、と気がついた。もともとiPad miniで絵を描こうとは思っていなかったし、たまたまApple Pencilが有ったので無理やりと言うか興味本位で使ってみたかったと言うだけだった。iPadOSがリリースされてiPad全般の様子が大きく変化した。iPadにも様々なタイプがあってそれぞれに合った使われ方が出来るようなOSが用意された。だから小さなiPad miniで無理して絵を描かなくてもいいし無理してApple Pencilを使う必要もない。iPad miniはminiらしく、また前のように身軽になろうと思った。そう思わされたのには理由がある。フローティングキーボードの採用、カーソルの自由移動そして3本指ジェスチャーの充実である。

⒈フローティングキーボード

このキーボードが使えるようになったのは威力が大きい。iPadの弱点であったテキストの入力時にディスプレイの半分近くを占領してしまうソフトキーボードを使わなくても済むようになった。またそのための外付けキーボードも用意せずに外出できる。特に 出先でminiに外付けキーボードを使って入力しようとも思わないが。Apple Pencilも持たずに300gのiPad miniだけで済むのは大きい。※iPhone11ProMax 226g

⒉カーソルの自由移動

今までどうやってカーソル移動していたのか忘れてしまうほど便利になった。少々長い文章を手直しする時のテキストの範囲設定や部分修正する時のカーソル移動は気を遣う作業だった。それも今は昔、スペースキーの長押しでカーソル移動など懐かしくも思える。

⒊3本指ジェスチャーの採用

・3本指ピンチインで選択中のテキストを「コピー」

・3本指ピンチインを2回で選択中のテキスト「カット」

・3本指ピンチアウトで「ペースト」

f:id:tomi_kun:20191014143921j:plain

・3本指で左にスワイプして最後の編集を「取り消し」

・3本指で右にスワイプして取り消しを「やり直し」

f:id:tomi_kun:20191014143950j:plain

 この操作も直接フローティングキーボードを使うための大事な武器になる。敢えて言うなら3本指ジェスチャーiPadのための機能ではないかと思ってしまう。それもiPad miniのサイズにぴったりでiPhoneでは小さ過ぎ、iPad proでは大き過ぎる、正に miniのための機能である。

 こう言った理由でiPad miniBluetoothキーボードやApple Pencilに別れを告げて単身テキスト入力に向かうのであった。

See you tomorrow!

 

 AirPodsに良い音を聴かせる

 ご存知のとおりAirPodsはイヤホンなので音を奏でる側ではなく聴く側である。なのでAirPodsがいくら性能が良くてもiPhoneの音質が良くなければ私達も良い音を聞くことはできない。そもそもイヤホンで良い音を聴こうと思ったら断然カナル型イヤホンを使うべきだし有線でなければならない。なのに今や人気薄のインナーイヤー型であるのにも拘らずAirPodsの人気は断トツである。私もほんの最近までカナル型イヤホンを使っていたが今はAirPodsに戻った。何故かと言うとインナーイヤー型は心身ともに自由な気分になれるからだ。外部の音から遮断され耳の中に窮屈に収まっているカナル型イヤホンが鬱陶しいし外からの情報が入ってこないのは不安でもある。そんな理由で現在はインナーイヤー型のAirPodsを毎日愛用している。

 しかし、インナーイヤー型とは言え音を楽しむことを放棄したわけではないので、一応設定等には拘っている。まずは音源であるところのiPhoneの設定が大切だ。iPhoneのミュージックアプリにもイコライザがあって好みに応じて細かく設定できる。※イコライザとは音質の改善・補正をする機能。「設定」→「ミュージック」→「イコライザ」へと進むと23項目もの設定が出来る。AirPodsなどのインナーイヤー型は一般的に低音を強調する「BassBooster」を勧められるが女性ボーカルを主に聴くので逆に低音を抑え中高音を強調する「BassReducer」の方が合っているような気がする。がオールマイティーな「Flat」を使うことが多い。Flatと言ってもイコライザ「オフ」ではないので自然なボーカルを聴くことが出来る。またMaciTunesには手動で設定出来るイコライザ機能があるのだが残念な事にiPhoneのイコライザにはそう言った機能がないのでサードパーティー製アプリを使う事になる。5年以上前から使っているアプリにRADSONEイコライザがあり自作のイコライザの設定が出来てiPhoneで聴くことができるので殆ど頼りっぱなしである。究極のイコライザ設定と言われるEargasm Explosionも設定可能だ。

RADSONEのイコライザ設定

Radsone Hi-Res Player

⒈ミュージックプレイヤー画面の左の「III」アイコンをタップする

⒉イコライザ画面になるのでバーの数値を手動で設定して好みの音を組み立てる

f:id:tomi_kun:20191013080459j:plain

※参考数値

「Eargasm Explosion設定」イヤガズムエクスプロージョン RADSONE 31.5=2.0 63=3.0 125=4.0 250=3.5 500=3.0 1k=2.5 2k=3.0 4k=2.0 8k=5.0 16k=3.5
「Perfect設定」 RADSONE 31.5=2.0 63=3.0 125=4.0 250=3.5 500=3.0 1k=2.5 2k=3.0 4k=4.0 8k=5.0 16k=3.5

これだけの設定で驚くほど生まれ変わって生き生きした音になる。素人の私にも分かるのだから間違いない。

こうして自分に合った音を作ってAirPodsに聴かせてやれば、きっと良い音質で曲を聴かせてくれると思う。

See you tomorrow!

  iOS13 オートメーション→トリガー→ NFC→ iPhone11

 iOS13になって際立って変化したところと言うとショートカットアプリがある。なかでも新しく採用されたオートメーション機能だ。そのオートメーション機能を実行させるために様々なトリガーが用意されている。時刻、到着時、Wi-FiApple Watchワークアウト、Bluetoothなどがある。オートメーションとは、これらのうちの1つのトリガーを選んでそれに続くアクションを設定して自動的に操作させるショートカットである。簡単なものではAirPodsを装着すると自動的にミュージックアプリの曲が流れるオートメーションがある。

⒈ショートカットアプリを開く

⒉下のメニューからオートメーションを選び右肩の+をタップする

⒊「個人用オートメーションを作成」をタップする

⒋新規オートメーションの中の「設定」の「Bluetooth」を選択する

⒌デバイスの「選択」で自分のAirPodsを選んで完了→次へ

f:id:tomi_kun:20191012153402j:plain

⒍+アクションを追加→「メディア」→「ミュージックを再生」

⒎ミュージックをタップして「ライブラリ」→例として「プレイリスト」を選んだ

⒏「プレイリスト」を+で選択してアクション画面に自動的に移動するので再生の細かい設定をする→次へ

⒐オートメーションを確認して「完了」

f:id:tomi_kun:20191012153438j:plain

※このオートメーションはトリガーのAirPodsを接続した時iPhoneのロック画面に実行を承認する操作が促されるのでそれをタップする必要がある

f:id:tomi_kun:20191012232935j:plain
 このようにiPhoneにアクションを行わさせるのに敢えて何かをするのではなく設定時間であったり、設定した場所を出発した時などをきっかけにしてアクションを行わさせることが出来る。以前からあるショートカットよりも設定も実行も簡単である。

 とても便利で色々なパターンで作って利用しているが1つだけ気になっているトリガーが有ってそれがNFCだ。NFCとは近距離無線通信の事でいつも利用しているFeliCaNFCの一種と考えて良い、つまりApplePayを使える機種なら利用できる事になる。このNFCをオートメーションのトリガーに使うことが出来ると、オートメーションの可能性は一気に拡がる。小さなチップないしは交通系のカードなどにiPhoneをかざすだけでオートメーションにある無数のアクションが可能になると言う事になる。

f:id:tomi_kun:20191012233058j:plain

 それでは早速っと。。。何とiPhone8のトリガー一覧にNFCの項目が無いではないか。聞くところによるとオートメーションのNFCトリガーはiPhoneXS以降の機種でしか利用出来ないのだそうだ。興味も関心も無かったiPhone11が急に欲しくなって来た。ただNFCトリガーを使いたいためだけにである。それくらい魅力的な機能だと思う。初めてiPhoneQUICPayを使って買い物した時の気持ちが思い出される。。。思案中。。。

See you tomorrow!

 iPadに計算機がないのは何故だろう

 iPadOSになっても標準の計算機は搭載されなかった。iPad2を使い始めた時から今まで計算機アプリは見たことがない。当たりまえだ、2010年のジョブズの講演の時から1度も積まれたことがないのだから。伝説のように報じられている記事によると

“実は面白い話です。 彼らがiPadのプロトタイプを作成していたとき、彼らはiOSの計算を移植しましたが、画面に収まるように伸ばしました。 それはプロトタイプの最初からずっとそこにあり、アップルの誰もがそれがそのように出荷されると思っていました。 リリースの1か月前、Steve JobsはScott Forstallをオフィスに呼び、「電卓の新しいデザインはどこにあるのでしょうか。これはひどいようです」と言いました。 これは私たちが同梱しているものです。 スティーブは、「いや、それを出荷することはできない」と言った。 スコットはそれを維持するために戦いましたが、電卓の新しい外観を設計するためにUIチームを関与させる必要があることを知っていましたが、その短い時間枠でそれを行う方法はなかったため、彼らはそれを廃棄しました。 それ以来、優先順位が非常に低いため、取り組むべき重要なものがあるため、誰もそれに取り組む気にはなりません。  (情報源:私はアップルで働いていました)”

という事だ。計算機(Calculator)とジョブズの間には色々な歴史があって初代Macintoshの時代に遡りその時にもエンジニアとジョブズの間に計算機について意見の相違があり最終的には計算機のデザイン(UI)をジョブズ自身が作成したと言う経緯があったようだ。そしてその計算機はMacOS9の時代まで延々と使われ続けた。その後デザインは変わったが基本的なUIはそのまま現在まで引き継がれている。

 こう言った歴史を振りかえると生前のジョブズiPadに搭載する計算機にもこだわってアプリさえ搭載しなかった理由がわかる。サードパーティー製の計算機アプリも沢山あるが、たかが計算機如きにiPadの大きなディスプレイを占領させて良いものか、とジョブズは思ったのではないかと思われる。初代iPadそしてiPad2にはSplit ViewやSlide Overもなかったのでジョブズの考えも理解出来る。しかしiPadも今や7世代にまで進化した、のにもかかわらず未だに計算機が搭載出来ないのは理解しづらい。他に何か理由があるのだろうか。

 現在はどのiPadにも計算機アプリはインストールしていない。本格的な計算はiPhoneの計算機アプリを使えば用が足りるし、ほとんどの計算はアプリを使わずにSpotlightで済ませてしまう。Spotlightでも自分が考えつくような計算は大抵出来る。

Spotlight検索で計算をする

⒈ホーム画面で下にスワイプする。またはキーボードの⌘+スペースでSpotlightを表示する。

⒉検索フィールドに数式をいれる(計算状態が確認できる)

 他にもSpotlightで換算したり平方根sqrt(数字)、立方根cbrt(数字)も計算出来る。三角関数もsin(数字)cos(数字)tan(数字)で出来る。いずれも()が必要だ。

f:id:tomi_kun:20191011141813j:plain

理想的にはフローティングキーボードのように移動可能な計算機が標準アプリで搭載される事を希望している。ようするにMacを目指したiPodOSならばこれ位のことは出来そうな気がする。※ ↓の動画は合成フィクション
f:id:tomi_kun:20191011141537g:plain

 See you tomorrow!

 iPad OSになったGoodNotes5のSplit Viewの3つの方法

 iPad OSになっても同じGoodNotes5Split View出来ないでいましたがバージョンアップして可能になりました。今までGoodNotes4を使ってSplit Viewしていましたがこれで完全な同一アプリのSplit Viewが出来るようになりました。他にもプレゼンテーションモード、ダークモード、スキャン機能などが加わりました。

GoodNotes5の新機能

iPadの画面に同一GoodNotes5Split View2画面表示出来る

Dockのアプリアイコンをドラッグして画面の端にドロップする

f:id:tomi_kun:20191009114042j:plain

②サムネイルビューのライブラリの個々のページを画面の端にドラッグ&ドロップする

f:id:tomi_kun:20191009114108j:plain

③タブバーのボタンをドラッグ&ドロップする

f:id:tomi_kun:20191009114943j:plain

⒉プレゼンテーションモードを使用出来る(レーザーポインター使用可)

①画面全体をミラーリング

②講演者が見るページをミラーリング

③ページ全体をミラーリング

f:id:tomi_kun:20191009115209j:plain

iPad カメラを使用して紙の文書をスキャンする

①書類画面で「新規...」をタップスキャン書類書類撮影保存

②複数枚撮影可能

③検索可能(日本語が上手く検索出来ない)

f:id:tomi_kun:20191009115249j:plain

⒋ダークモードと新しい紙のテンプレート

①ダークモードはiPadの設定に準ずる

②ダークなテンプレート

f:id:tomi_kun:20191010205823j:plain

魅力的な機能が満載の大きなアップデートでした。Split Viewもプレゼンテーションモードも実践的で即利用できそうな良い機能だと思います。スキャン機能もGoodNotes5で直接使えるPDFをアプリ内で調達出来るのは効率的で良いと思うのですがスキャンした書類の検索機能については、まだ私の理解が足りないのか本来のGoodNotes5アプリでの検索のように上手く動きません。英字の検索はある程度熟すのですが日本語は全く駄目でした。また、ダークモードについてはユーザーからの要望もあったのでしょうがGoodNotes5の書類の性質上不向きなイメージは否めません。今回のサンプル画像はダークモード公開記念で使用しましたが公にに利用するなら絶対ライトモードだと思います。

See you tomorrow!

 Instagramがダークモードにならなかったら

 Instagramにもダークモードが採用されたと聞きつけ早速試そうとInstagramの設定を見てみたがそんな項目はどこにもありません。Apple Storeのアップデートを確認してもInstagramのアップデートは一覧に無いし検索でInstagram単体をみても「開く」の状態です。さてはiPhone8は非対応なのかと僻みながら何気なく画面を下にスワイプしたら「開く」のアイコンが「アップデート」に変わりタップしたらダークモードになりました。ただ、これでもダークモードにならない時はOSの設定をダークにしてあるか確認します。Instagramアプリ側では切り替え出来ない仕様です。

f:id:tomi_kun:20191009143031j:plain

 ダークモードの方が何となくクールです。同じ写真でも引き締まって見えます。

See you tomorrow!

follow us in feedly