 MacのSafariで閲覧中のWebページをChromeに切り替える

 一般的にはネットを閲覧するブラウザは1つに決まっていると思います。iPhoneiPadそしてMacも標準的にはSafariを使っています。しかし古いiMacだけはChromeが無理なく使えるので特別扱いです。iMacは2009年モデルなのでAirdropが使えず、ブラウザにSafariを使うと作業がなかなか思うように進みません。しかしiMacは古いとは言え今でもメインマシンです。そんなiMacと他のAppleバイスを繋ぐのはPushPal、iPhoneで言えばPushbulletです。Safariを使ってiPhoneiPadで収集した情報をMacBook AirSafariでネットを閲覧しても、実際の編集作業はChromeiMacで行います。そんな時はiPhoneMacSafariで閲覧中のページのURLをコピーしてChromeで開いて、リーディングリストに登録するか「お使いのデバイスに送信」機能を使ってiMacに送ります。画像などはPushbulletを使います。iPhoneiPadにはショートカットアプリがあって「Chromeで開く」や「iPhoneで開く」がありますがMacは今まで面倒でした。
 SafariからChromeにブラウザを切り替える方法にはAutomatorを使ったりサードパーティーの”Switch”アプリがあるようですが、どちらもうまく動きません。2009年頃の記事でMacSafariに「ページをこのアプリケーションで開く」という項目があることを知りました。この機能を使うにはMacSafariの「環境設定」で「詳細」を選び「メニューバーに”開発”メニューを表示」にチェックする必要があります。

f:id:tomi_kun:20210517164658p:plain

ここにチェックするとSafariのメニューバーに”開発”が表示されるのでクリックして「ページをこのアプリケーションで開く」からChromeを選べば起動します。

f:id:tomi_kun:20210517170139j:plain

See you tomorrow!

 Macの画面録画 shift+command+5 と音声録音

 AlfredのMusic Mini Playerの記事で操作の様子を動画で伝えたかったのですが撮影した録画に音声を同時に録音する方法が分からなくて断念しました。※動画は「AlfredでMini Playerを起動」→「立ち上がったAlfred Mini Playerで曲名を入力する 」→音楽がかかる→「AlfredでPlay/pause入力で曲を止める」を行っています。

 いままで画面録画はQuickTimeを使っていましたが、今回は「shift+command+5」で撮ってみました。音声録画はショートカットキーを押して撮影モードの設定画面で行います。ポップアップメニューの「オプション」で「MacBook Airのマイク」にチェックします。この設定はMacの外部マイクを使います。Mac本体の音声を録音するにはサードパーティの”Soundflower”などのアプリが必要となります。

f:id:tomi_kun:20210516181121j:plain

 macOS Mojave以降のMacならば「shift+command+5」で画面録画できるようになっていました。以前のようにQuickTimeを起動して大袈裟な作業をしなくてもiOSで録画をするように気楽にできるようになっています。

See you tomorrow!

 macOS Big SurでAlfredのMusic Mini Playerが復活した

f:id:tomi_kun:20210515155548p:plain
 Macの音楽はMusicを利用しているのですが楽曲はすべてiTunes Matchでクラウド管理しています。
iTunes Matchについてはコチラ→ このサブスクリプションは神だった「iTunes Match」 - tomi_kun’s diary

 High SierraiMacからCatalinaのMacBook Airに増強した際に当時のiTunesの曲の移設に困ってiTunes Matchの採用に踏み切ったわけです。結果は成功しiPadiPhoneそしてMacもすべてiTunesとMusicがクラウドで同期されストレージの節約にもなりました。

 AlfredにはiTunes Mini PlayerというAlfredでMaciTunesをコントロールできる機能→ AlfredでiTunesを操作するiTunes Mini Playerがとてもいい - tomi_kun’s diaryがあってたいへん気に入っていました。しかしMacBook Airに載っていたOSはmacOS CatalinaでiTunesがありませんでした。MusicアプリケーションはiTunes Matchで同期して使えたのですがAlfredのMusic Mini Playerが動きませんでした。OS のアップグレードとiTunes Matchへの移行と2重の変更でシステムが対応できないものと諦めていました。

 つい最近になってMacBook AirのOSをmacOS Big Surにアップグレードしました。いろいろな不具合が報告されている中、思い切ってインストールしましたが少しの障害もなく順調に動いています。アップグレードしてからMusicで音楽を聴く機会が無かったので久しぶりに聴いてみました。何となく気になったのでAlfredのMusic Mini Playerでも操作してみました。


 ♪ 坂井泉水歌声響いた ♪ 


f:id:tomi_kun:20210515155643p:plain

 アップグレード以来AlfredのMusic Mini Playerの設定も変更していませんでしたが聴けました。新たに設定を追加したらAlfredのMusic Mini Playerのコンローラーを使わなくてもAlfredの入力窓にキーワードを入力して演奏がコントロールできます。
※Show these Keywords in Alfred Default Resultsにチェックしました。

f:id:tomi_kun:20210515155821p:plain

See you tomorrow!

 Alfredのクリップボード履歴表示にBetter Touch Toolのキーシーケンスを使う

f:id:tomi_kun:20210514132009p:plain
 Macでテキストを入力する時によく使う機能にコピー&ペーストがあります。コピーするとクリップボードに一時的に保存されて必要なところにペーストされます。このクリップボードには通常は1つしか保存されませんがCopiedやYoinkなどのクリップボードアプリを使えば複数を保存できます。Alfredにもクリップボード履歴機能があって複数のテキストや画像を保存しておけます。ペーストしたい時にキーボードで「command + option + C」と入力すると、それまでにコピーした履歴がクリップボード履歴(Clipboard History)の画面に一覧となって表示されます。そして、この中からペーストしたいものを選んでenterを押せばペーストできる機能です。
f:id:tomi_kun:20210514132041p:plain
 このクリップボード履歴の一覧を表示するショートカットキーの「command + option + C」は1日に数え切れないほど使用しますが片手では押しにくいため変更する事にしました。しかしショートカットキーも他に設定した割り当てが多く、競合しない組み合わせを選ぶのも困難になってきました。そこでBetter Touch Toolのキーシーケンス機能を使って設定します。アクションつまりAlfredのクリップボード履歴の一覧を表示する(command + option + C)ためのトリガーを通常は単独では機能しない装飾キーのoptionを連続して2回押す設定します。

BTTのキーシーケンスの設定

1.Better Touch Toolを開いて「キーシーケンス/タイプした単語」を選択して「+」をクリックする

f:id:tomi_kun:20210514132131p:plain

2.キーシーケンス記録画面で 「option」キー(任意)を連続で2回入力する
3.完了したら①記録を停止するをクリックしたのち②保存をクリックする

f:id:tomi_kun:20210514132248p:plain

4.つぎに設定したトリガーにアクションを割り当てます。アクションはキーボードショートカットの「command + option + C」です

f:id:tomi_kun:20210514132410p:plain

f:id:tomi_kun:20210514132930p:plain

以上でキーシーケンス登録は完了です。「option」キーを2回連続して押せばAlfredのクリップボード履歴一覧が表れます。

 キーシーケンスについて補足

 ここまで書いてきてキーシーケンスというものが上手く説明できていない事に気が付きました。ただ「option」キーを2回連続して押して結果が「command + option + C」になるだけではショートカットと同じになりますが厳密に言えばキーシーケンスを使うと「command」「option」「C」のそれぞれのキーを同時に押さなくても順番に押していけばアクションとしては「command + option + C」を同時に押した状態になることです。今回は簡略化のために「option」キーを2回連続で押す設定にしました。

See you tomorrow!

 キャンティベランダ[ベランダとバルコニーの違い]

 建築業者の設計図にかかれた2階の屋外に張り出した部分にベランダとあります。張り出した部分の下に建物の1階がない部分にはキャンティベランダと記載されています。ベランダとバルコニーとよく使う単語ですが、どう違うのか気になりました。どちらも2階以上の建物の室内から外に張り出したスペースの事を言います。正確にはベランダは家と窓やドアで隔てられている建物の外に張り出した屋根付きのスペースのことです。 バルコニーは、建物から外に張り出した部分のことで屋根のない手すり付きの台のことを言います。実際に建築予定なのは屋根のない張り出しスペースなのでバルコニーになります。つまり、図面はこの建築業者特有の呼び方なのか、一部に狭い屋根があるのでベランダとしたのかも知れません。まぁキャンティベランダというネーミングはいかにも、こじんまりして可愛らしいとは思いますが。ただ気になるのは固定資産税です。固定資産税は床面積で計算されますが屋根が無い場所は床面積に含まないようです。 そのため、バルコニー(屋根なし)はベランダよりも固定資産税が安くなります。ただしベランダは先端から2mを超える部分が床面積に算入されるとあります。

1. バルコニー等が建築物の角に位置し、2面以上が外気に開放されているものについては、外気に開放されているすべての面から幅2m(芯々)を超える部分を床面積に算入する。
2.バルコニー等の上部に屋根又は庇が無い場合は、当然床面積に算入する必要は無い。部分的に屋根等がかかっている場合は、屋根等のある部分のみを対象に、屋根等の先端より2mを超える部分を床面積に算入する。

 もうひとつルーフバルコニーと呼ばれるバルコニーがあります。今まで屋根のあるバルコニーの事をそう呼んでいるのだと思っていました。しかし正しくは下階の屋根部分を利用した広めのバルコニーの事をルーフバルコニーと言うそうです。

See you tomorrow!

 キュリダスの補充インクをプラチナ万年筆のブルーブラックカートリッジにした

f:id:tomi_kun:20210512171710j:plain
 プラチナ万年筆のブルーブラックインクはボトルもカートリッジも古典インクです。古典インクは、がりぃ氏が定義されているように「タンニン酸あるいは没食子酸および鉄イオンを含む万年筆用インク」であって鉄ペンを腐食させやすく一部では金ペンでしか使えないとも言われています。古典インクは染料インクと違ってドライアップ(万年筆のインクが乾燥して書けなくなってしまった状態)させてしまうと水で洗っても落ちないためアスコルビン酸(ビタミンC)が必要になるという厄介なインクでもあります。今まで使ってきた万年筆は色彩雫などの染料インクを使ってきたのでそういった心配はありませんでした。プラチナ万年筆のプレピーにも色彩雫、つまり染料インクをコンバーターで入れてきました。古典インクは耐水性、耐光性に優れ時間が経つことで酸化により色が黒く変化する楽しみもあるといいます。個人的にはその特徴のどれ一つとして興味はないのですが、やや渋めのインクフローと紺でもなく黒でもない独特の色が気に入っています。そのためオールラウンドに最も使用頻度の高いキュリダスにはプラチナ万年筆の古典インクであるブルーブラックを使おうと決めました。先に書いたように古典インクは鉄ニブのキュリダスには不向きかと思いましたが付属のカートリッジインクがプラチナ万年筆のブルーブラックインクなので大丈夫だと判断しました。また古典インクに詳しい、がりぃ氏 (id:pgary)のブログも参考にしました。

ペン先への影響は? 古典インクの酸に耐えるように金ペンになったという経緯はありますが、鉄ペンについてもステンレスの改良が進み、現在のステンレスペン先は古典インクに十分耐えられます。

万年筆用の古典ブルーブラックインク(古典インク)について、文献を調査し、自ら実験してきた記録の主要な記事まとめ - 趣味と物欲

 コンバーターとカートリッジでも迷ったのですがプラチナ万年筆のブルーブラックだけを使うつもりなのと管理や保管も容易なので、気軽に使えるキュリダスには向いていると思いカートリッジにしました。
See you tomorrow!

 iPhoneやiPadで「はてなスター」「はてブ」が付けられない時の設定

はてなスターの設定

 ブログを読んでいて気に入った記事があったらスターを付けたくなります。読んだという挨拶代わりにスターを残す使い方もあるようです。iPhoneが新しく変わったりいつも使っているブラウザを変更したりするとスターが付けられなくなる時があります。

f:id:tomi_kun:20210511141138j:plain

 指示に従って「はてなスター」にログインして、もう一度スターのアイコンを押すのですが、何度ログイン操作を繰り返しても同じポップアップが表示されてスターが付けられません。
 こんな時は次のように設定を見直すとスターが付けられるようになります。画像はiPhoneですがiPadも同じです。

Chromeの場合

「設定」→「Chrome」→「Webサイト超えトラッキングを許可」をオンにする

f:id:tomi_kun:20210511142546j:plain

Safariの場合

「設定」→「Safari」→「サイト超えトラッキングを防ぐ」をオフにする

f:id:tomi_kun:20210511142920j:plain

これで無事「はてなスター」が付けられるようになりました。

f:id:tomi_kun:20210511143118j:plain

はてなブックマーク

 サイト超えトラッキングの設定をしたうえで次の操作をします。
1.「B!Bookmark」のアイコンをタップする
f:id:tomi_kun:20210511161025j:plain
2.画面下の「×」をタップする
f:id:tomi_kun:20210511161043j:plain
3.画面下の「B!」をタップする
f:id:tomi_kun:20210511161103j:plain
4.コメント(省略可)を書いて「保存」する
f:id:tomi_kun:20210511161125j:plain

See you tomorrow!

follow us in feedly