 Scrapboxの横断検索を今更ながら体験した

Gyazoの件で調べていたらScrapboxの開発元がGyazoも担当していることを知りました。Scrapboxも4年くらい前に使っていたこともあります。そのあとObsidianやLogseqなどに振り回されていましたがこれを機会にまたScrapboxを使ってみたくなりました。

Gyazoとの連携も改善されていて楽しそうなのですがScrapboxの検索機能が進化しているのには驚きました。プロジェクトを超えてすべての範囲で検索ができるようになっていました。

Evernoteは相変わらずでこの際Scrapboxも検討してみることにします。

See you tomorrow!

 Gyazoを再インストールしたら直りました

Macに必須アプリの Gyazoでキャプチャ出来なくなった - T’s blogについて書きました。その後販売元からの回答もなく不具合も解消しないままで諦めかけていました。

そんなところに今朝RSSを読んでいたらATOKを再インストールすると直った - 非天マザー by B-CHANという記事を見つけました。記事は「iPhoneATOKが不調で使えなかったけれど再インストールしたら直った」という内容でした。ATOKGyazoではアプリは違いますが「ATOKクラウドなので、学習結果はクラウドと同期すれば復元できました」に勇気づけられてGyazoを一旦削除して再インストールすることにしました。

再インストールを始めて分かったのですが最新のGyazoはバージョンが3.10.1に更新されていました。不具合のあった旧バージョンが3.9.6でした。
すぐにインストールは終わり画面のキャプチャをしてみたところ無事に以前のとおりできました。何も特別なこともせずに直りました。とても嬉しいのとヒントをくれたブログに感謝します。

個人的に設定したショートカットも使えるしもちろんデータもすべて無事でした。

それにしてもGyazo.appの更新日が2023年2月1日とは・・・

See you tomorrow!

 Perplexity AIをChromeはもちろんPopClipやAlfredで使う

AIチャットボットのChatGPTを使ってみて対話形式で検索する楽しさを知りました。ところがChatGPTを超えるPerplexity AIがあってPerplexity AIはChatGPTのように一々ログインする必要がなく使いやすいので気に入りました。またChatGPTがPopClipで使えたらと拡張機能を探しましたがみつからず替わりにPerplexity AI で日本語検索する Popclip Extension | Gadgeterが既に公開されていたのが乗り換えの要因です。またGadgeterさんのAlfred WebSearchにPerplexity AIを設定する方法も参考になりました。とりあえずChrome検索エンジンに追加すれば使えます。

Chrome検索エンジンにPerplexity AIを追加する

1.設定の「検索エンジン」から「検索エンジンとサイト内検索を管理する」をクリックする
2.サイト内検索で「追加」をクリック
3.検索エンジンに PerplexityAI
ショートカットはpa(任意)
URLは

https://www.perplexity.ai/?q=%sについて日本語で答えてください。

https://www.perplexity.ai/?q=%sのままでも使えますが回答を日本語にしたい時は「日本語で教えてください」などが必要になります。

 Perplexity検索を使う

1.新しいタブを開いてPerplexity AIのショートカット(例pa)を入力してスペースキーを押す
2.検索エンジンがPerplexity AIになるので検索語句を入力する

 まとめ

今のところ利用料金の心配がないので安心して使えます。

See you tomorrow!

 Gyazoでキャプチャ出来なくなった

2023年2月1日の早朝にmacOS10.13.6のGyazoで画面キャプチャが出来なくなりました。MacGyazoはデフォルトではショートカットのキャプチャ設定はなくアプリを起動して撮るしかありません。なのでChrome拡張機能を使って対応していましたがブラウザ外の範囲では使えないので自作のショートカットで間に合わせていました。ところが突然どちらの方法でもエラーになってしまいます。

Gyazoはブログの投稿にTextwellと共に欠かせないアイテムで困るのですがどうやらGyazoの仕様に変更があったようです。
参考:Gyazoアプリが新しくなりました - Jazzと読書の日々
他のiPhoneiPad MacBook Airでは問題はないのですがmacOS10.13.6のiMacのキャプチャだけがまったく機能しません。

GyazoMac版ではキャプチャできるのがメリットなので問い合わせしていますが回答待ちです。まぁMacのバージョンが古いためだと言われればそれまでですが通知もなく使用が停止されるのも如何なものかと思います。

See you tomorrow!

 Logicool M575のカスタム設定はBetter Touch Toolでも出来た

macOS10.13.6ではLogicool Optionが使えないのでM575トラックボールをカスタマイズするのにステアーマウス.appを使ったことについて書きました。

tomi-kun.hatenablog.com

しかしインストール済みのBetterTouchToolで対応できたので記録します。例としてブラウザのタブの移動です。キーボードの「⌃+tab」をM575で操作します。

 通常のマウスの設定

BetterTouchToolの環境設定で「通常のマウス」を選びトリガーにキーボードの装飾キー(例:⇧と⌃)を選びクリックするボタンにButton3を設定する。

設定は以上です。キーボードが必要になり不本意ですが先回にステアーマウスで設定した機能くらいはBetterTouchToolでもできます。

See you tomorrow!

 ChatGPTでブログが書けるのかなぁ

ChatGPTとはなんだろうかと思ってOpenAIの公式サイト を開いて「Sign up」を選択した。
メールアドレストと名前 電話番号を入力してショートメッセージ(SMS)の認証コードを入力して認証された。またChatGPTのログイン画面に戻って「Log in」した。

ログインはしたものの使い方さえ分からないので この辺りをChatGPTに尋ねて見ようかと思った。取り敢えず聞いてみた。

文生成の項目に「与えられた文の先頭に基づいて新しい文を生成することができます」とあって興味深いので再び尋ねた。

結構親切だ。ここまで勝手に利用してきたが料金はどうなっているのか心配になる。ChatGPTに聞いてみた。

OpenAIで確認すると以下のとおりだった。

See you tomorrow!

follow us in feedly